日向宗介の住みやすさ調べ

池袋まで10分以内の住みやすいエリアを厳選してみた

池袋で生まれたそらすけが、池袋から電車で10分圏内の住みやすいエリアをご紹介していこうと思います。

池袋は昔から個性が濃い街だったんですけど、近年さらに個性が強い街になってきました。もともと多国籍な街だったのが最近ではさらに外国人が多くなり、エリアによっては日本人より多いところもあります。昔ほど物騒な感じはなく、治安はだいぶ良くなってきたとは思いますが、基本的に治安がすごく良いという街ではありません。

日向宗介

飲み屋街、風俗街、ホテル街、チャイナタウン、コリアンタウン、その他アジア系のグローバルな雰囲気などをまぜまぜしてできたのが池袋という感じ

そんなどぎつい個性を放つ池袋周辺の住みやすいエリアをおすすめ順に紹介していくよ

池袋まで10分以内の住みやすいエリアを厳選してみた

【池袋まで5分】池袋周辺ではトップクラスの品の良さ、茗荷谷

上京して初めての一人暮らしをする方やファミリーにおすすめなのが茗荷谷(みょうがだに)です。池袋周辺エリアの中ではかなり落ち着いた街で品もあります。お店もそこそこあって、普段の暮らしには不自由しません。

茗荷谷の良いところは、

会社や学校は池袋近くなんだけど、そんなに騒がしくないところに住みたいなという方におすすめです。

茗荷谷の住みやすさのヒミツ【落ち着いた住人が住むエリア】

【池袋まで0分】にぎやかなところが好き!な方はそのまんま池袋駅周辺もアリ

にぎやかなところが大好きで、欲望渦巻く都会を味わいたいなら池袋駅の周辺に住むのも悪くないような気もしなくもありません。知り合いの女友達で池袋の格安物件に住んでる人がいるんですけど、朝起きたら知らないおじさんが窓から覗いてたって言ってました。そんな日常もあるようです。

池袋の良いところは、

池袋の雰囲気が好きという方も少なくないですし、ここにしかない魅力は確実にあります。ただ、初めての一人暮らしで選ぶのはうーん、ほかも探してみない?って言いたくなる気持ちもなくはありません。(真面目で純粋な方ほど特に)

池袋の住みやすさのヒミツ【多国籍で情報量の多い街】

【池袋まで10分】お金に余裕があってグルメな方に良いのが飯田橋

リッチなオトナのごはん屋さんが多い神楽坂のすぐ近くにある飯田橋。神楽坂はおもむきのある石畳があり、格調高い料亭も数多く残っているエリアです。神楽坂の目立つところには大衆向けの安いお店が並んでいますが、路地に入ると初めて入るときにちょっと覚悟するような門構えのお店が点在しています。飯田橋周辺も家賃相場は割と高めなので、お金に余裕がある方におすすめなエリアとなっています。

飯田橋の住みやすさのヒミツ【お金に余裕があると快適なオトナの街】

【池袋まで7分】観覧車がある街、後楽園

観覧車だけではなく、東京ドームや商業施設のラクーアがある後楽園。観光エリアですが、その周りは普通の住宅街になっています。住みやすいかというと微妙なところもありますが、ネタ的に面白いエリアだと思います。ぼくもこの近くに住んでたことがありますが、異性のウケは良かったです。

後楽園の良いところは、

気をつける点としては、駅周辺以外は夜に暗い道が多く、人通りもさほど多くないのでひったくりや連れ去りには気をつけましょう。治安が良いところでも犯罪がゼロということはありません。

後楽園の住みやすさのヒミツ【東京ドームがあり、駅からジェットコースターが見える】

【池袋まで9分】30代くらいから良さを感じる四ツ谷

オフィス街と住宅街が混在している四ツ谷。ここで働いてたときは、このエリアの飲食店に行きまくりました。美味しいお店が多いんですよね…。お値段的に新社会人というよりはある程度、お給料が上がって余裕が出てきたときに楽しめる街だと思います。

四ツ谷の良いところは、

問題としては、家賃相場が高いことです。

四ツ谷の住みやすさのヒミツ【社会人向けの居酒屋が多い街】

モバイルバージョンを終了