学芸大学に住んだらインスタに映えるカフェ、トルスに行こう

学芸大学から少し歩いたところにあるカフェ、トルス

オムライスが美味しいとのことで行ってみたら、かなりいい雰囲気のお店でした。ここはデートとか女子同士でくるといいお店だと思います。

日向宗介
昔は、もっと学芸大学駅に近いトコロにあったんだけど、今は移転して隣駅の祐天寺のほうが近いよ!

ぼくが行ったのは夕方だったんですけど、ここは日が落ちてからのほうがムードが高まっていいかも。

ここのポイントをまとめるとこんな感じです。

トルスの良さはこれだ!

  • とてもインスタに映えるような店
  • 味は家庭的で素朴な美味しさ
  • 日が落ちてから行くと、店内は少しムーディでいい感じ

ぼく、日向宗介の評価はこうなりました。

トルスについて
居心地の良さ
(4.0)
料理の美味しさ
(3.5)
友達と行く
(4.0)
恋人と行く
(4.0)
女性一人で行く
(4.0)
男性一人で行く
(3.0)
メニューの豊富さ
(2.5)
席のゆったりさ
(3.5)
日向宗介
客層は、カップルが数組、女子2人組が数組って感じだったよ~

学芸大学に住んだらインスタに映えるカフェ、トルスに行こう

場所は学芸大学駅からだと徒歩15分、祐天寺駅からは徒歩10分

どっちの駅からも少し歩きますが、ぶらぶら散歩がてらって感じで行ける距離です。

お店の外観はこんな感じ。そんなにカフェっぽくはありません。階段を上がると、すぐ右手側がトルスになっています。

入り口からいっきにカフェっぽさがでてきて良い感じ!

トルスのエモな店内

お店の中はこんな雰囲気です。女性客が多めで、カップルもいます。ぼくがいる間にもカップルが数組入ってたので、デートに良いカフェとしてわりと有名なのかも。

日向宗介
照明が薄暗いのも雰囲気がでてデート向け

全体的にウッディな感じで、置いてある小物もナチュラルっぽさがあります。

奥にはカウンター席というか窓向きの一人用席もあって、お一人様でも大丈夫。

入口側を向くとこうなっています。左奥に見える本棚は、近づくとこう。

インテリアなどの雑誌がありましたが、読むというよりは雰囲気作り…かな?

オムライスは素朴で安心できる味

メニュー一覧も紙に書いてあるだけなのに、なんとなくおしゃれ…。

お水はレモンがはいったのをもらえます。

そしてこちらがオムライス!オムライスは2種類あって、ケチャップのチキンライスか、和風ツナのオムライスを選べます。ぼくは王道のチキンライスにしました。お味はというと、どこかで食べたことがあるような王道を行く美味しさ

「あーこれがオムライスだよね」って感じです。オムライスのほかにもカレーライスやハンバーグなんかもあるので、味に飽きちゃうことはなさそう。

デザートのプリンはいい感じにホロ苦でした

こちら、コーヒーかと思いきや、なめらかクリームプリン(コーヒーソース添え)です。カラメル部分がホロ苦のコーヒーソースになっていて、プリンの甘さと絶妙にマッチ!プリン自体はかなりねっとりとしていて、ぼくの好きなプリンでした。ほかにも日替わりスコーンや日替わりケーキなんかもあります。

まとめ:学芸大学、祐天寺に住んだら行くべきなカフェ、トルス

駅からちょこっと離れてますが、行く価値はあるカフェだと思います。とくにぼくのおすすめは日が落ちてから。ちょっと暗めのいい雰囲気の店内で、密度の濃い時間を過ごせるはずです。

場所と営業時間

住所:東京都世田谷区下馬5丁目35−5

営業時間:12時~22時

定休日:火曜日

ABOUT US

日向 宗介
田舎から東京に出てきた系男子。 東京って地域によってぜんぜん雰囲気が違うことにびっくりして、世界を知った気になりました。 東京育ちの知り合いにそれを伝えたところ、鼻で笑われました。 猫好きだけど犬も好き。 都内で6回の引越しを経験してます。