中野新橋でわかった「パンが美味いカフェはアタリ」のトリクロマティックコーヒー

また良いカフェを見つけました。中野新橋にあるトリクロマティックコーヒーです。

日向宗介
ここはパンがうまい!と思ったんだけど、どうやら笹塚の名店オパンのパンを使ってるみたい

オパン、ぼくもたまに行くんですけど、だいたいいっつも行列がスゴイんですよね…。トリクロマティックコーヒーなら並ばずに食べれます。

日向宗介

関係ないけど、オパンの”オ”は、おこめとかおさかな、おにくみたいな感じのオなんだって

かわいい

そして今回もう一つ、良い点だな~と思ったのが、「デカフェコーヒーもしっかりある」ということ。デカフェ、つまりカフェインがほぼ入ってないコーヒーです。ぼくはカフェインに対してあんまり強くなくて、飲みすぎるとすぐにぐぇーってなるんです。でもコーヒーっぽい味は味わいたいな…ってときにデカフェのコーヒーがとても良いのですが、カフェで置いてるところも少なくて…。

だからトリクロマティックコーヒーにはしっかりとデカフェがメニューにあって、しかも豆もこだわってる感じがしてとても良かったです。ここのポイントをまとめるとこんな感じ。

トリクロマティックコーヒーの良さはこれだ!

  • パンがとても美味しい(焼き加減も絶妙)
  • 通常のコーヒーももちろんこだわってるけど、デカフェもある
  • テラス席があって、天気良い日は外が気持ちいい

ぼく、日向宗介の評価はこうなりました。

トリクロマティックコーヒーについて
居心地の良さ
(3.5)
料理の美味しさ
(4.0)
友達と行く
(4.0)
恋人と行く
(3.5)
女性一人で行く
(5.0)
男性一人で行く
(5.0)
メニューの豊富さ
(2.0)
席のゆったりさ
(3.0)
日向宗介
あと個人的に、Suicaが支払いで使えるのも良かった!

ここに行くときは小銭もたないで済むからリピートしそう

中野新橋でわかった「パンが美味いカフェはアタリ」のトリクロマティックコーヒー

場所は中野新橋駅から徒歩1分くらいで静かなエリア

中野新橋駅を降りて神田川のほうに進めばすぐにあります。

こちらがお店の外観。おしゃれ~。ぼくが行ったときは、ご年配の方とお仕事中っぽい女性の方がいました。店内だけじゃなく、テイクアウトもできる作りになっています。

トリクロマティックコーヒーの外観と内観

今回ぼくが座った席がこちら。テラス席は基本的に2人席なので、近所に住んでて家デートしてるときに気分転換にくるのも良さそう。

もう一つのテラス席。

中は、こんな感じのカウンター席と…

やはり2人用の席があります。

店内は小さくて、これでぜんぶ。大人数でどやどや~ってくる感じではなく、1人もしくは2人くらいで来る感じのお店です。カフェ初心者で「まだ一人でチェーン店以外のカフェ入ったことがない…」という方でも気後れしないで入れる感じがしました。

基本のトーストがうまいお店はだいたい全部うまい

お店を知るには基本から…ということで、一番シンプルなバタートーストを頼みました。

日向宗介
頼むとき、シュガートーストだと思って間違えちゃったのは内緒

バタートーストを頼むとき、はちみつとオレンジのマーマーレードのどちらかをつけてくれます。今回ははちみつで行くことに。

見るからに美味しそうなパン…。

手にとってちぎってみると、おどろくほどにふわふわな中身とカリカリな表面のこう…手触りが最高です。

日向宗介
美味しさを約束された手触り!

パンにはバターだけでも美味しかったのですが、はちみつもばっちりあっててより味を引き立ててくれました。

そしてこちらがデカフェのコーヒー。味はすんなり飲める感じで、暑い日にはぴったり。なかなかにいいカフェだったなぁ…。

まとめ:中野新橋に住んでる人がちょっとうらやましくなるトリクロマティックコーヒー

お店の雰囲気も、パンの味もコーヒーも接客もすべて高レベルな感じがしました。いやーこういうカフェが家の近くにあったら鬼リピートしちゃいそう。誰でもふらっと入れてホッとできる雰囲気もあります。ここは結構好き嫌いがわかれない、優等生的カフェって感じがしました。

場所と営業時間

住所: 東京都中野区弥生町2丁目23−7

営業時間:水、木、金は9時~19時。土、日は9時~18時。火は9時~20時30分。

定休日:月曜日

ABOUT US

日向 宗介
田舎から東京に出てきた系男子。 東京って地域によってぜんぜん雰囲気が違うことにびっくりして、世界を知った気になりました。 東京育ちの知り合いにそれを伝えたところ、鼻で笑われました。 猫好きだけど犬も好き。 都内で6回の引越しを経験してます。