【新宿ピカデリー】プラチナルームが日本一の映画館なので行ってきた

日本で一番、値段がお高い映画館の席が新宿にあるということで行ってきました。ちなみにお値段のほどは、1回の上映で30,000円(2人分料金)です。お高い!

日向宗介
プラチナルームは個室バルコニー席(オペラかな?)なので、1人で行っても2人分の料金になるよ

結論から書くと、特別な日に使う映画デートの席としてこれ以上ないくらいに良かったでした。ぼくはためしに友達と行ったんですけど、それでも非日常感を味わえてよかったです。

日向宗介
人生、たまにはこういうのを体験するのもアリ

プラチナルームの良かった点をまとめてみました

  • 入り口からしてプラチナ専用になっててちょっとテンションが上がる
  • プラチナロビーは混雑してないので、ゆったりチェックインできる
  • 案内役の方がウェイティングルームまで案内してくれて、それもまたちょっとテンション上がる
  • ウェイティングルームは1時間前から利用可能
  • ウェルカムドリンクはシャンパンが飲める(一杯無料)
  • 映画を観る席はオットマンがあって足を伸ばして観ることができる
日向宗介
でもやっぱり30,000円は高いな!という方には5,000円のプラチナシートもおすすめ!こっちも贅沢感が味わえるよ

というわけで、新宿ピカデリーのプラチナルーム、プラチナシートは果たしてどんなものなのか、まるっと撮影してきたのでご紹介してきます!

【新宿ピカデリー】プラチナルームが日本一の映画館なので行ってきた

新宿駅から徒歩5分にある新宿ピカデリーにその席はあります

新宿駅から歌舞伎町方面に歩いて5分くらいのところに映画館、新宿ピカデリーがあります。

日向宗介
雨が降ってるときは新宿駅の地下から行ってB7出口で出ると、ピカデリーのすぐ側に出れて濡れなくて便利

こちらがピカデリーの入り口。無印良品が入ってて、キレイめな建物です。

一般席とは入り口から違う!プラチナ席は別のエレベーターから入場

ピカデリーのチケット売り場に続くエスカレーターがこちら。映画館に続くいたって普通のエスカレーターですが…プラチナ席はここを通りません。

ここの右側にひっそりとあるプチセレブ感あるこちらを使います。

プラチナロビーへと続く道。そしてここを通ると…

いかにも特別感のある白い廊下が現れます。

日向宗介
ちなみに右の小窓からはさっきの一般向けエスカレーターが見えてちょっと優越感があった(庶民的)

通路を通ると専用エレベーターに着きます。普通のチケット売り場は3階ですが、プラチナロビーは5階になり、一般入場の方とは会うことがありません。

プラチナ席は、お安めのプラチナシートと最上級のプラチナロビーの2種類

エレベーターを降りると、すぐにプラチナロビーに着きます。ここで名前を言って、ウェイティングルームに入室する流れです。

プラチナ席は、

  • 個室ではないけどリッチなペア席で見れるプラチナシート。(ウェイティングルームは共有)
  • ウェイティングルームから映画上映時のバルコニー席まですべてが個室のプラチナルーム

の2つで、プラチナシートは1人5,000円、プラチナルームは2人30,000円となっています。

日向宗介
プラチナシートだとシングル席もあるから、1人でプチ贅沢をしたいときに良さそう

写真の奥に見えるのがプラチナシート用のウェイティングルームになります。こっちはデートで来てるカップルが9割、1人で観に来てる若い人が1割って感じでした。

プラチナ席の座席はこうなってます

基本的にプラチナ席は2階にあって、両端の区切られた個室がプラチナルームです。

真ん中にあるのがプラチナシートで、個室にはなってないものの通常の席に比べると非常にゆったりと作られていますね。

日向宗介
どちらの席も、ソファは高級ブランド、カッシーナ・イクスシーのものですごく快適!

受付が済んだら、映画が始まるまでウェイティングルームでゆったりくつろぎの時間

受付をしたら案内の方に先導してもらって、ロビーから右手にあるさらに奥のほうの道を進みます。

こういうちょっと高級感がある道を歩いていくのもまたテンションが上がりますよね。デートで来たら喜んでもらえそうなわくわく感があります。

日向宗介
誕生日とかでこういうところにつれてきてもらえたら嬉しいだろうな~

絨毯が貼られた通路を歩いて着いたのが、このプラチナルーム専用のウェイティングルーム(個室)です。プラチナルームは2つあるので、ウェイティングルームも2つ。

どちらもかなりしっかりとしたドアがついていて、中で盛り上がってもそんなに外には聞こえません。

ウェイティングルームのなかはこんな感じ。見た目からして座り心地良さそうなソファが鎮座しています。(実際、座り心地はめちゃめちゃ良かったです)

お部屋の照明は自分でコントロールすることができます。ということは、カップルで来たときは照明を落として間接照明だけでもっとムーディな雰囲気にもできちゃうということ…!

内線もついてて、ここで軽食なんかを頼むこともできます。

ドリンクのメニューはこんな感じ。シャンパンはヴーヴ系か、モエですね。(わからなかったらモエがおすすめ)どっちも超有名で、キャバクラやガールズバーにもよくあるやつです。悪くはないチョイスですが、ぼくとしてはルイ・ロデレールを入れて欲しかった…。グラスで2,500円となっていますが、ウェルカムドリンクで頼めば1杯フリーです。

シャンパンを頼んで個室でまったりと映画開始までくつろげるのは、とても良かったと思います。普段なら混雑してるロビーで立ちながら(ポップコーン持ちながら)待ってるわけですよ。

それがプラチナだとゆったりのんびり待てる上にシャンパンまで飲めちゃうという贅沢さ。よく考えたら、生まれてはじめて映画館でシャンパン飲みました。

日向宗介
うーん、これは記念日に連れてきてもらうのに最高の場所な気がする…

そして10分前になると、案内の方がシアタールームのバルコニー席に案内してくれます。

あこがれの個室バルコニー席!

バルコニー席について、下の席を見たところがこちらです。

おお、なんか特別感ある…。オペラの劇場とかって貴族が上から観覧してるイメージありますよね?まさにあんな感じです。すごい。こういう席に気軽に行けるくらい稼ぎたい…。

そしてもちろんここも高級イタリアブランドのカッシーナのソファ。座り心地はとても良くて、腰が痛くなりません。さらにソファの前にはオットマンがあって、靴を脱いで足を載せることができます。

横にはオシャレな間接照明。映画が始まるときは、スイッチをオフにするのがオススメ。

スピーカーは横と背面に複数個設置されていました。これがまた、低音が体に響く感じで良かった!

ウェルカムドリンクはウェイティングルームで飲みきれなかった場合はこちらに持ってきてくれます。もちろん、ここで新たにドリンクを頼むのもアリ。

ドリンクホルダーじゃなくて、テーブルがあるのも特別感を感じさせてくれます。ここで観た映画は普段よりもより楽しめることができました。

まとめ:新宿ピカデリーのプラチナ席は大変に満足できました

さすが30,000円の席、すごくよかったです。お値段的にそうそうは行けないですが、今回はこのご時世で外食をまったくしなくなったので、その分を貯めてこのプラチナルーム費用にして来ることができました。

居酒屋でわいわい飲むのもいいけど、こういうお金の使い方もあるんだな~と気づいたのも良かったかも…。

好きな方の記念日、2人の記念日、感謝してる方へのお礼など、特別な時にとても良い映画館だと思います。あ、あとプラチナ席に来ると、シートでもルームでもカードがもらえます。

2回目以降にこれを持っていくと特典があるみたい。ということは、カップルの1周年記念に行って、また次の年も…とかいいですよね。

ぼくはまず相手を探さなくちゃ…!笑

場所と営業時間

住所:東京都新宿区新宿3丁目15−15

定休日:なし

ABOUT US

日向 宗介
田舎から東京に出てきた系男子。 東京って地域によってぜんぜん雰囲気が違うことにびっくりして、世界を知った気になりました。 東京育ちの知り合いにそれを伝えたところ、鼻で笑われました。 猫好きだけど犬も好き。 都内で6回の引越しを経験してます。