永福町でステキな朝食を食べれるヤルクコーヒーに行ってきた

永福町、西永福に住んでる方は美味しい朝食を食べたくなったらヤルクコーヒーがあります。

お店の雰囲気も背伸びしないでまったりできるいい感じ。休日のちょっと優雅な朝食にぴったりなので、まるっと紹介していこうと思います。ここのポイントをまとめるとこんな感じ。

ヤルクコーヒーの良さはこれだ!

  • こだわりのコーヒー豆
  • カルピスバターを使ったトーストがある
  • 気負わずお手軽に入れる雰囲気のお店(ノーメイク&マスクとかでいけちゃうくらい)で、完全禁煙

ぼく、日向宗介の評価はこうなりました。

ヤルクコーヒーについて
居心地の良さ
(3.5)
料理の美味しさ
(3.0)
友達と行く
(3.0)
恋人と行く
(3.0)
女性一人で行く
(4.0)
男性一人で行く
(4.0)
メニューの豊富さ
(2.5)
席のゆったりさ
(3.0)
日向宗介
隣にあるお持ち帰りのタルト屋さんFripsも食べたからついでにレポートするよ~

永福町でステキな朝食を食べれるヤルクコーヒーに行ってきた

永福町駅からは徒歩9分、西永福駅からは徒歩4分

住宅街の中にあるヤルクコーヒー。お隣は、Fripsというタルト屋さんになってます。

こちらがヤルクコーヒー。右側にちょこっと見えてる青いお店がFrips(フリップス)です。

チーズケーキが美味しいと評判のヤルクコーヒーだけど、今回は朝ごはんを頼みました

濃厚でコクがあり、甘さ控えめでチーズ本来の味が楽しめると評判のチーズケーキ。それもいいかな~と思ったのですが、帰りにタルトを買って帰るのを考えて普通の朝食メニューを頼みました。

日向宗介
チーズケーキとタルト、両方食べちゃうと太っちゃいそうだから…

ぼくが頼んだドリンクは、アイスカフェオレ。コーヒー豆をドリップ抽出して牛乳と混ぜたものがカフェオレになります。シロップは別で用意してくれて、ほろ苦い味を楽しめるのがヤルクコーヒーの良いところ。苦味はニガテなんですけど、ヤルクコーヒーのは美味しかったです。なんというか、深い味…(コーヒー詳しくない)。結局、シロップはまったく使わずに飲んじゃいました。

そしてこちらがカルピスバターを使用したトーストです。カルピスバターは、正式名称「カルピス特選バター」と言って、昔は一流フランス料理店で業務用として使われていたもので、幻のバターと呼ばれていました。あの白くて美味しいカルピスを製造する際にできるバターで、今はセレブ向けスーパーなどで売ってます。

日向宗介
ぼくも料理で使ったことあるけど、クセが全然ないすごく上品な味がするよ!
そのカルピスバターを贅沢に使ったのがこのトースト。

パンももっちりとしていて、美味しかった…。

ヤルクコーヒーの店内

店内はこんな感じで、2人席が多いです。

カウンター席もあるので、お一人様でもバッチリ。ぼくは一人だったけど、2人用でもいいということでこっちに座ってます。

そしてこだわりの厳選されたコーヒー豆の数々。これらをテイクアウトして、自分の家で美味しいコーヒーを飲むことも出来ます。

お隣のタルト屋さん、Fripsのタルトも美味しかった

ヤルクコーヒーを堪能したあと、ぜひ寄ってほしいのがお隣のFrips。ケーキはショートケーキくらいで、ほとんどはフルーツを使ったタルトになります。フルーツメインなので、季節限定の商品も多く飽きません。ぼくが今回買って帰ったのは…

桃とミルクティーのタルト!ちゃんとミルクティーの味わいがして、桃のすっきりとした甘さとベストマッチでした。

日向宗介
美味しかった~

ヤルクコーヒーの場所と営業時間

住所:東京都杉並区永福4-19-4 安藤氷室ビル

営業時間:10時~19時

定休日:月曜日

Fripsの営業時間:10時~18時

定休日:火曜日

ABOUT US

日向 宗介
田舎から東京に出てきた系男子。 東京って地域によってぜんぜん雰囲気が違うことにびっくりして、世界を知った気になりました。 東京育ちの知り合いにそれを伝えたところ、鼻で笑われました。 猫好きだけど犬も好き。 都内で6回の引越しを経験してます。