あのミクニが1380円で食べれる!至高のカフェミクニズに行ってきた

日本でトップクラスに有名なシェフである三國清三氏。今回は東京都四ツ谷にあるカフェミクニズでコスパがとても良いランチを頂いてきました。三國シェフのプロデュースするレストランはいくつかあって、ぼくは札幌にある「ミクニサッポロ」でご飯を食べたことがあるんですけど、あのときはたしか一人2万円超えだった気がする…。

それが今回はなんと1,380円!

これはなんとしても行くしか…ということで行ってまいりました。カフェミクニズのポイントをまとめるとこんな感じ。

カフェミクニズの良さはこれだ!

  • ランチのコスパがものすごく良い
  • 去年は大行列でオープン前にかなり待つ必要があったけど、今は自粛の流れで10分前に並んでも大丈夫だった
  • ガトーショコラがとんでもなく美味しかった
  • スタッフの方がこまめに各テーブルを確認してくれて、コース料理の配膳がランチなのにしっかりしてた

ぼく、日向宗介の評価はこうなりました。

カフェミクニズについて
居心地の良さ
(4.5)
料理の美味しさ
(4.5)
友達と行く
(4.5)
恋人と行く
(5.0)
女性一人で行く
(3.5)
男性一人で行く
(3.5)
メニューの豊富さ
(3.0)
席のゆったりさ
(4.0)
日向宗介
実際に食べてみた感じ、かなりコスパは良いと思ったよ!

ただ、ケーキは別料金なので2,000円くらい見ておくと大満足

いやー、量、質ともにすごく良かったです。ドリンクもかなり良心的な価格なので、気軽に頼めます。(コーヒーだとプラス250円とか)日によって内容が変わるから、また別な曜日に行きたいな…。

あのミクニが1380円で食べれる!至高のカフェミクニズに行ってきた

四ツ谷駅から徒歩7分。住宅街の中にある隠れ家的カフェ

四ツ谷駅からちょこっと歩くと、三國系列のお店がいくつか見えてきます。

こちらはオテル・ドゥ・ミクニ。本格的な一軒家フレンチレストランです。ここで食べるとランチで10,000円くらい、ディナーで24,000円くらいからなので間違って入らないようにしましょう笑。こっちのお店はなんかの特別な日に取っておく感じで…。

その横にも三國系列のお店があって、さらにその奥にカフェミクニズがあります。

住宅街の中に突如現れる行列!11時30分オープンで、ここに着いたときは11時20分でした。なんという人気っぷり…。これは初回のローテーションで入れるかなと心配だったのですが、お店の中は意外と広くて全然余裕でした。

さっきのオテル・ドゥ・ミクニよりはカジュアルだけど、シャレオツな看板。

入り口には、ラッケノワール”ガトーショコラ”が限定24個との張り紙。列に並んでる間もスタッフの方がガトーショコラの注文があるかどうか聞いて回ってたので、すぐになくなっちゃうんだと思います。ちなみにこのガトーショコラは、フランスのヴァローナ社(1922年創立)のチョコレートを使っています。ヴァローナのチョコはプロ御用達ですが、一般人も買えるオンラインブティックも日本語版があります。最初はモンブランにしようと思ってたんですけど、これはやっぱり気になるところ…。

日向宗介
ここまで激推しされると食べたくなるのが人情

11時30分になると、どんどん行列が少なくなっていきます。

カフェミニクズに入店!からの内観

こちらが入り口を入ってすぐのところ。三國シェフの肖像画がデカい笑。

そしていくつかあるスペースのうち、ぼくが案内された部屋がこちら。お外に向いて席がセッティングされています。外のバルコニー席ももちろんお客さん用です。

座りごこちはなかなか悪くない椅子と、カフェのわりには高級感がちょっとあるテーブル。

卓上においてあるお皿、なにかなーと思ったらフォークとナイフの置く場所でした。さすがにリーズナブルなコースなので、普通のフレンチのように一回一回ナイフとフォークが変わるわけではありません。

 

日向宗介

お値段の安さを考えたら仕方ないところ

価格帯で言うとちょっと上のブリーズオブトーキョーは一回一回カトラリーを変えてたよ

そしてこちらがカラトリー。…?なぜかステーキナイフが安っぽい…。持ち手がポリプロピレンでかなりカジュアルというかチープさがあります。たぶんこれはアベルトっていうブランドのカラーミートナイフだと思うんですけど、これだけ場違い感がありました。アクセントなのかな…。

三國シェフ、なぜこのナイフをチョイスしたのですか…!

カフェミクニズのメニュー

こちらがランチ1,380円のメニューです。今回は火曜日に行ったので、メインが豚フィレのベーコン巻きですね。季節によっても変わりそうですが、今回の週間メニューはこんな感じでした。スープ+パン+オードブル+メインになっていて、

  • 火曜日:豚フィレのベーコン巻きコンフィ 七味ソース
  • 水曜日:ヒラマサのポワレ シトロンソース
  • 木曜日:熟成信玄鶏・もも肉のポワレ シェリーソース
  • 金曜日:北海道産 鮭のポワレ ヴァンブラン・ア・ラ・トマトソース
  • 土曜日:大麦大三元ロースのソテー バルサミコソース
  • 日曜日:鶏の赤ワイン煮

さらに3,480円の期間限定A4ランクステーキもありました。

ドリンクはこんな感じ。コーヒーセットが250円は安い…。ちなみにシャンパンは、ワイン&コーヒーセットで頼む場合はナポレオン、普通にグラスで頼む場合はドラピエです。

せっかくなのでぼくはドラピエをチョイス!

日向宗介
実はシャンパンは結構いろんな種類を飲んでて、そこそこわかる…つもり笑

1380円の至高のランチをご覧あれ

まずはこちら、パンです。小麦のいい香りがして食感は少しハードめです。ほんのりあたたかで見た目通りな感じ。

そしてこちらがシャンパンのドラピエ。グラスの縁が分厚いのがちょっと残念…。カフェだからあんまり食器は高いものを使わないのかもしれませんね。ちなみにこちらのドラピエ、たぶんキュヴェスペシャルだと思います。かなり冷たい状態(たぶん10度くらい)でしたが、香りは結構いい感じに漂ってきました。グラスの形も香り重視のシルエットになっています。味も飲みやすくて万人ウケしそう。最近このドラピエを出すお店が多くなってきた気がします。

最初に出てきたのは、オードブルのハムのゼリー寄せ。こちらは…まぁまぁ美味しい…かな?(正直)さりとてそんなに驚きもない感じ。うーん、ちょっと不安になってきたぞ…笑。

とそんな不安を完全に払拭したのが次に出てきた冷製スープでした。これがめちゃくちゃ美味しい!!冷製さつまいものスープです。上に掛かってるのはキャラメルで、このほろにがさがまたさつまいもスープによく合うんですよ…。これはかなり美味しかったです。今回、一番ビックリした味。

美味しすぎてスプーンですくってるところも撮っちゃった。次はいよいよメインの到着です。

どーん。豚フィレのベーコン巻きコンフェです。ソースは七味ソースで、ベーコン&豚フィレによく合ってます。こちらは見た目通り、期待どおりの味でした。

美味しい!

と、ここまでがランチの内容(+シャンパン)になります。ここからさらにケーキを食べたい方は、ショーケースを見ながら選ぶことができます。

ショーケースがこちら。いやーーーー全部美味しそうすぎる。これはなかなか選べない…けど、やっぱりガトーショコラが気になるんですよね。普段ぜんぜん食べないガトーショコラなんですけど、今回は限定の文字に弱いので頼んでみることにしました。

日向宗介
ガトーショコラがスペシャリテって書いてあるしね!

※スペシャリテとは、レストランの代表的な得意料理のこと。

これが1日限定24個のガトーショコラ(650円)です!堂々たるこの質量感…。フォークを刺してみると…弾力がスゴイ。みっちりとみちみちにチョコが入ってる感触が伝わってきます。そして口に入れると…とんでもなく濃厚な味わいが広がってきました。

あれーこれは美味しい。

これは…しみじみと美味しいタイプの美味しさです。すごく濃厚で質量たっぷりなのに、まったく飽きが来ないというかしつこくないです。はースゴイ。

口当たりもなめらかで、なんていうか中身のあるケーキって感じ。(そりゃそうだ)ほかのケーキももちろん美味しいんだとは思いますが、ガトーショコラは一回は食べたほうがいいと思います。

まとめ:四ツ谷に住んでたら、いや住んでなくても行くべきカフェミクニズ

しっかりとランチ&ケーキを堪能してお腹いっぱい大満足になることができました。いやー良かった!さすが自粛中でも行列ができるわけです。食器類はいかにもカフェって感じのグレードでしたが、料理とシャンパンはとっても美味しく満足できました。

これはいいお店だ…。

デートでも、友達同士でも、ぼくみたいに一人でもいいお店だと思います。ただ、一人で来てるのはぼく以外はどなたもいなかったので、できれば誰かと来るのが良さそうです…笑。

ABOUT US

日向 宗介
田舎から東京に出てきた系男子。 東京って地域によってぜんぜん雰囲気が違うことにびっくりして、世界を知った気になりました。 東京育ちの知り合いにそれを伝えたところ、鼻で笑われました。 猫好きだけど犬も好き。 都内で6回の引越しを経験してます。